産業廃棄物収集運搬業許可の取得・更新・変更手続は、産廃業許可申請代行サービス|京都滋賀奈良大阪兵庫|へ

施設に関わる要件

施設に関する基準

申請者が次の基準に従って、必要な施設(運搬車・運搬容器等)を有する必要があります。

産業廃棄物収集運搬業の場合

@ 産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有すること。

特別管理産業廃棄物収集運搬業の場合

@ 特別管理産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬容器その他の運搬施設を有すること。

A 廃油、廃酸又は廃アルカリの収集又は運搬を業として行う場合には、当該廃油、廃酸又は廃アルカリの性状に応じ、腐食を防止するための措置を講じる等当該廃油、廃酸又は廃アルカリの運搬に適する運搬施設を有すること。

B 感染性産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、当該感染性産業廃棄物の運搬に適する保冷車その他の運搬施設を有すること。

C その他の特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、その収集又は運搬を行おうとする特別管理産業廃棄物の種類に応じ、当該特別管理産業廃棄物の収集又は運搬に適する運搬施設を有すること。

必要な車両等

ダンプトラック、吸引車等の車両、ドラム缶、フレキシブルコンテナバックなどの容器等、産業廃棄物の性状、計上、量に応じた施設(車両及び容器)が必要となります。

また、「感染性産業廃棄物」については、専用密閉容器と保冷車、密閉車両などが必要となります。

認められない車両

・塵芥車(パッカー車)での「がれき類」の運搬を行うことはできません。
・「がれき類」及び「鉱さい」を「土砂等禁止」の車両で運搬することはできません。

施設の使用権原について

申請者は、継続して施設の使用の権原を有している必要があります。

車両の使用権原

収集運搬に使用する車両の使用権原は、自動車検査証の使用者と許可申請者と同じである必要があります。

また、自動車検査証の使用者が許可申請者と異なる場合は、貸借契約書や車両の賃借等に関する証明書等により使用の権原を明らかにする必要があります。

二重登録

他の収集運搬事業者が登録した車両と同じ車両を、許可申請者が登録する場合は、使用権原が重複してしまうため、事前に調整しておく必要があります。

保管場所

収集運搬に使用する車両の保管場所(駐車場)を確保しておく必要があります。

自治体によって異なりますが、駐車場の賃貸借契約などの提出を求められることもありますので、使用権原を明確にしておく必要があります。

次のページへ⇒欠格事由にかかる要件

お問合せ方法 メールでのお問合せ アクセスマップ