産業廃棄物収集運搬業許可の取得・更新・変更手続は、産廃業許可申請代行サービス|京都滋賀奈良大阪兵庫|へ

産業廃棄物処理業とは?

産業廃棄物を処理する責任は、その産業廃棄物を排出した事業者(排出事業者)にあります。

その処理は排出事業者が自ら実施する必要がありますが、産業廃棄物を処理するためには、「産業廃棄物処分業の許可」が必要となり、勝手に処理してしまうと不法投棄となります。

ですので、多くの排出事業者は、産業廃棄物処理業の許可を持っている処分場などに産業廃棄物の処理を委託することができるようになっています。

また、産業廃棄物の処理を処分場に委託する場合には、排出現場から処理場まで運搬することが必要となりますが、産業廃棄物を運搬するためには、「産業廃棄物収集運搬業の許可」が必要となります。

「産業廃棄物処分業」と「産業廃棄物収集運搬業」のふたつを合わせて、「産業廃棄物処理業」といいます。

産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物を収集し、処分先まで運搬する事業です。

運搬する産業廃棄物によって、以下の二つに分かれます。

@産業廃棄物収集運搬業
A特別管理産業収集運搬業

さらに、収集運搬の途中で、積替えや保管を行う場合と行わない場合とで区別があります。

積替え・保管を含まない

排出現場から収集した産業廃棄物を、中間処理施設や最終処分先まで積替えたり、保管したりすることなく、直接運ぶ場合をいいます。

積替え・保管を含む≫

排出現場から収集した産業廃棄物を、特定の場所でいったん積替えたり、保管した後、あらためて中間諸施設や最終処分先まで運ぶ場合をいいます。

産業廃棄物処分業

産業廃棄物を中間処理又は最終処分する事業となります。

処分する産業廃棄物によって以下のふたつに分かれます。

@産業廃棄物処分業
A特別管理産業廃棄物処分業

さらに、中間処理と最終処分の2つに分かれます。

中間処理

焼却・破砕・中和等により、減量化、安定化することをいいます。
特別管理産業廃棄物については、無害化、安定化し、特別管理産業廃棄物でなくすこととなります。

最終処分

埋立て又は海洋投入( 原則禁止) により、廃棄物を自然界に還元することをいいます。

次のページへ⇒産業廃棄物収集運搬業許可とは?

お問合せ方法 メールでのお問合せ アクセスマップ