産業廃棄物収集運搬業許可の取得・更新・変更手続は、産廃業許可申請代行サービス|京都滋賀奈良大阪兵庫|へ

一般廃棄物と産業廃棄物

廃棄物とは?

廃棄物とは、固形状又は液状のもので利用したり売却することができないために不要となったものと「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で規定されています。

なお、次のものは廃棄物ではありません。

1.港湾、河川等のしゅんせつに伴って生ずる土砂その他これに類するもの。
2.漁業活動に伴って魚網にかかった水産動植物等であって、当該漁業活動を行った現場付近において排出したもの。
3.土砂及びもっぱら土地造成の目的となる土砂に準ずるもの。
4.放射性物質及びこれによって汚染されたもの。
5.気体状のもの。

また、廃棄物は、発生形態や性状の違いから,「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に分類されますが、産業廃棄物が法律で定められているものに限られるため、それら以外はすべて一般廃棄物となります。

また、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性があって、他の人の健康や生活環境に被害を及ぼす恐れのあるものを、特に「特別管理産業廃棄物」といい、区分されています。

次のページへ⇒産業廃棄物の種類

お問合せ方法 メールでのお問合せ アクセスマップ